オンライン授業における弊社出版物の取り扱いについて

平素よりご弊社の書籍をご愛読いただき誠にありがとうございます。

著作権法改正で定められた「授業目的公衆送信補償金制度」により、教育機関においては一定額の補償金を支払うことによって、著作権者の利益を不当に害さない範囲でオンライン授業での著作物利用が可能になりました。

※従来の著作権法第35条の範囲は無償・無許諾で利用可能。

この制度に該当する著作物は、著作権法第35条により、「著作権者の利益を不当に害しない」ものに限られており、大学などの教育機関において教育用途に用いられる出版物等、個々の学習者が購入することを想定して販売されているものは該当いたしません。

弊社で発行しております出版物等も、受講者が購入することを想定しており、授業等の教育目的であっても、無断で複製・公衆送信で利用することは著作権法違反となります。

書籍二次利用申請書

オンライン講習会やオンライン授業におきまして、弊社書籍の二次利用につきましては、以下の許諾条件を厳守し、許諾を受けてご利用ください。

<許諾条件>

  1. 授業を受ける生徒全員が、弊社発行の該当書籍を購入し、現物を手元に置いて受講するものであること (購入していることを映像やメールで確認してください。)
  2. 受講対象生徒以外の者が視聴および複製できない仕組みであること(YouTubeなどのSNSでの配信はできません)
  3. オンライン授業の内容を、紙媒体などにプリントアウトできない仕組みであり、配布できないものであること
  4. オンライン講習期間が定められていて、期間が過ぎると視聴できなくなること
  5. 「使用した『 (書籍名) 』については、発行者である株式会社ツールボックスの許諾を得ています。」等と使用書籍名と弊社の許諾を得た使用である旨を明示すること
以上

上記許諾条件を厳守することを約束し、許諾申請します。

申請年月日
利用者名(会社名・学校名等)
利用内容(講座名・学年クラス等)
申請者のご所属、職名
申請者氏名
二次利用希望書籍名
ご連絡先電話番号
ご連絡先 E-mailアドレス
配信方法(サーバーURLなど具体的に)
配信期間 月開始 ~  月終了
 

㈱ツールボックス