電工受験なら、ツールボックスの『すい~っと合格』シリーズがお手伝い

  1. TOP
  2. 電気工事士の試験日程

電気工事士の試験日程

筆記試験と技能試験の2 回に分けて試験が行われます。

  • まず筆記試験を受けて、それに合格した人が技能試験を受けられます。筆記試験と技能試験は同じ年に受験しますが、筆記試験を合格しながら技能試験に落ちた人は、翌年は筆記が免除され、技能試験に再挑戦できます。
  • 第二種の受験申込期間が上期と下期で異なります。

  • 第二種の試験は、上期と下期の2度実施されています。ただし、同じ年に両方を受験することはできません。

試験の内容はどんなものなの?

【筆記試験の概要】答えを4つの解答肢から選ぶ4択問題が50 問出題されます。1問2点で60 点(30問)以上を正解すれば合格となります。

【技能試験の概要】配線図で示される課題問題を、支給される材料を使って時間内に完成させます。工具は指定工具が定められていて、それに適合する工具を持参して使います。
ただし、試験に出る問題は候補問題としてあらかじめ試験センターから発表されるので、それを完璧につくれるよう繰り返し練習しておけば合格できます。

熊本地方の受験者への代替措置

  • 熊本地方の地震に被災された方の代替措置については、こちらをご覧ください
  • 講習会のお申し込み

    • 第2種筆記試験対策 1日筆記講習会
    • 第2種技能試験対策 基礎&実践講習会
    • 第1種筆記試験対策 1日筆記講習会
    • 第1種技能試験対策 基礎&実践講習会
    • 法人のお客様はこちら

    法人様を対象とした特別講習会のご相談も受け付けています。

    技能練習教材のご購入

    • 平成29年度候補問題対応 2種技能練習セット
    • 平成29年度候補問題対応 1種技能練習セット

    技能推奨工具のご購入

    • 2種受験工具セット
    • 1種追加工具セット